書誌事項

9条は戦争条項になった

小林よしのり [著]

(角川新書, [K-64])

KADOKAWA, 2015.12

タイトル別名

9条は戦争条項になった

タイトル読み

9ジョウ ワ センソウ ジョウコウ ニ ナッタ

大学図書館所蔵 件 / 15

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

集団的自衛権の行使を容認する安保法制が成立し、憲法9条は戦争条項となった。立憲主義がないがしろにされるなか、国民はここからどこに向かうべきか。議論と覚悟なくして従米から逃れる道はないと説く警告の書。

目次

  • 第1章 日本には「国家主権」がない—安倍政権が立憲主義を破壊する(安保法制は従来法制である;「存立危機事態」とは日米同盟の信頼性が揺らぐこと!? ほか)
  • 第2章 デモは民主主義ではない—議会制民主主義を否定する若者たち(わしはシールズから謝罪を求められた!?;デモは「デモクラシー」の略ではない! ほか)
  • 第3章 保守とはイデオロギーではない—アメリカにニートする日本(小林よしのりはブレているのか!?;進歩主義の思いあがりには注意が必要 ほか)
  • 第4章 徴兵制は苦役ではない—自主防衛の覚悟を「個」で持つ(政治家よ、真正面から国民に問え;憲法改正をするために国民を説得できるのは首相しかいない ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20268175
  • ISBN
    • 9784040820620
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ