支配する人道主義 : 植民地統治から平和構築まで

書誌事項

支配する人道主義 : 植民地統治から平和構築まで

五十嵐元道著

岩波書店, 2016.2

タイトル別名

Humanitarianism and trusteeship : from colonial administration to peacebuilding

タイトル読み

シハイ スル ジンドウ シュギ : ショクミンチ トウチ カラ ヘイワ コウチク マデ

大学図書館所蔵 件 / 156

注記

2013年にサセックス大学国際関係学部に提出したD.Phil論文を基に大幅に加筆修正したもの

内容説明・目次

内容説明

「人間の痛みへの共感」としての人道主義。純粋な心情に基づくものとして賞賛されがちだが、それは対象社会に「病理」を見出し、その「処方箋」を描く過程で、相手との非対称な関係を築いてしまう。一九世紀の植民地統治から冷戦後の人道的介入・平和構築活動まで、介入・統治を「する側」「される側」の非対称な関係の生成に、人道主義が不可分に関わってきたことを示す。国際政治学への斬新な問題提起。

目次

  • 第1章 英領インドと人道主義—野蛮、独裁、無秩序
  • 第2章 アフリカと人道主義運動—奴隷、ネイティブ保護、植民地主義
  • 第3章 トラスティーシップの国際化と人道主義
  • 第4章 貧困と支配—開発トラスティーシップの出現
  • 第5章 人道的危機と介入—冷戦後の平和構築トラスティーシップ
  • 終章 人道主義の二分法を超えて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ