「怪異」の政治社会学 : 室町人の思考をさぐる

書誌事項

「怪異」の政治社会学 : 室町人の思考をさぐる

高谷知佳著

(講談社選書メチエ, 626)

講談社, 2016.6

タイトル別名

怪異の政治社会学 : 室町人の思考をさぐる

タイトル読み

カイイ ノ セイジ シャカイガク : ムロマチビト ノ シコウ オ サグル

大学図書館所蔵 件 / 139

注記

註: p253-260

内容説明・目次

内容説明

神像の破裂、山野の鳴動、奇怪な発光…。室町時代、京や奈良は不思議な現象に満ち満ちていた。戦乱下の都市に生きる人びとは、怨霊や天狗などをどう見なし、跳梁跋扈する異形がどこからあらわれると考えていたのか。都市民のまなざしと権力が交錯する場に注目し、妖しきものをとおして中世固有の心性をあぶりだす。

目次

  • 第1章 飛び交う怪異
  • 第2章 求心性と都市性
  • 第3章 応仁・文明の乱の果てに
  • 第4章 都市社会の矛盾
  • 第5章 システムの破綻
  • 第6章 中世から近世へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2140010X
  • ISBN
    • 9784062586290
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ