朝鮮の対日外交戦略 : 日清戦争前夜1876-1893

書誌事項

朝鮮の対日外交戦略 : 日清戦争前夜1876-1893

李穂枝著

(サピエンティア, 47)

法政大学出版局, 2016.8

タイトル別名

조선의 대일외교전략

朝鮮の対日外交戦略 : 日清戦争前夜 : 一八七六-一八九三

朝鮮の対日外交戦略 : 日清戦争前夜18761893

タイトル読み

チョウセン ノ タイニチ ガイコウ センリャク : ニッシン センソウ ゼンヤ 1876-1893

大学図書館所蔵 件 / 116

注記

タイトルは奥付による

博士論文「戦略的な事大主義政策と朝鮮の対日外交(1876-1893)」(東京大学総合文化研究科, 2015年提出) に加筆・修正したもの

参考文献: 巻末p7-23

年号対照表: 巻末p24

略年表: 巻末p25

内容説明・目次

内容説明

日本と清のはざまで激動の時代をどう生きたか。清の属邦として受動的な外交を行ったとされる朝鮮だが、むしろ宗主国の影響力を戦略的に利用したのではないか。欧米も含め各国の思惑を膨大な史料から浮かび上がらせる。

目次

  • 序章 問題提起と本書の課題
  • 第1章 新たな日朝関係の開幕
  • 第2章 日朝関税交渉の展開
  • 第3章 朝米修好通商条約の締結
  • 第4章 日朝通商章程における関税交渉
  • 第5章 日朝海底電線設置条約続約の締結
  • 第6章 防穀賠償交渉における日朝戦略
  • 終章 戦略的な事大主義政策の射程

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ