チベット聖地の路地裏 : 八年のラサ滞在記

書誌事項

チベット聖地の路地裏 : 八年のラサ滞在記

村上大輔著

法藏館, 2016.8

タイトル別名

チベット : 聖地の路地裏 : 8年のラサ滞在記

タイトル読み

チベット セイチ ノ ロジウラ : ハチネン ノ ラサ タイザイキ

大学図書館所蔵 件 / 66

内容説明・目次

内容説明

聖と俗、慈悲と欲望、仏教の教えと政治的抑圧。聖地ラサに住む人々は何を考え、どう生きているのか—。チベット滞在八年、気鋭の人類学者が彼らの心の路地裏を歩き、その精神の風景を描く。

目次

  • プロローグ 八年のラサ滞在
  • 第1章 バルコルの聖と俗
  • 第2章 チベット人のフォークロア
  • 第3章 天空の大地の肌触り
  • 第4章 霊的なもの、得体の知れないもの
  • 第5章 彷徨の民族アイデンティティ
  • 第6章 仏教日本とチベットを繋げるもの、隔てるもの
  • エピローグ 目に見えないものの奥へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ