書誌事項

「ひとり」の哲学

山折哲雄著

(新潮選書)

新潮社, 2016.10

タイトル別名

ひとりの哲学

タイトル読み

「ヒトリ」 ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 143

注記

「新潮45」2014年8月号-2015年12月号に連載された「日本人よ、ひとり往く生と死を怖れることなかれ」を改題し大幅に加筆修正したもの

内容説明・目次

内容説明

現代人よ、「孤独」をそんなに悪者にするな!「独居老人」「孤独死」など、まるで「ひとり」が社会悪であるかのように世間は言う。が、人は所詮、ひとりで生まれ、ひとりで死ぬ。「孤独」と向き合うことで、より豊かな生を得ることができるのだ。親鸞、道元、日蓮、一遍ら、先達の生き様を振り返り、日本思想の源流ともいえる「ひとりの覚悟」に光を当てる。

目次

  • 序章 「孤独」と「ひとり」のちがい
  • 第1章 親鸞の「ひとり」
  • 第2章 道元の「ひとり」
  • 第3章 日蓮の「ひとり」
  • 第4章 法然と一遍の「ひとり」
  • 終章 「ひとり」の哲学

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22347807
  • ISBN
    • 9784106037931
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    237p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ