石清水物語 (いはしみづものがたり)

書誌事項

石清水物語 (いはしみづものがたり)

三角洋一校訂・訳注

(中世王朝物語全集, 5)

笠間書院, 2016.12

タイトル別名

石清水物語

タイトル読み

イワシミズ モノガタリ

統一タイトル

石清水物語

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

底本: 『鎌倉時代物語集成』第二巻 (射和文庫本と内閣文庫本の本文を見なおし、翻刻を正したところあり)

年立: p265-275

参考文献: p314-315

栞あり(第12号)

内容説明・目次

内容説明

木幡の姫君は、異母兄の秋の君と、武士で義弟の伊予守から思いを寄せられる。やがて入内が予定されるが、伊予守と契りを結ぶに至り、入内は取り消される。その後、老中務宮の後妻となるが、最後は帝寵に浴し、伊予守は出家を遂げる。鎌倉期成立の本作品は悲恋遁世譚の流れをくむ作品と捉えられてきたが、主人公を武士に設定している点、兄妹恋愛譚や男色を織り込んでいる点、帝寵を嘆く女と、出家により一蓮托生を成し遂げる男という従来と逆の構図など、平安朝の王朝物語には見られない特徴を多数有した画期的な作品である。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ