書誌事項

乱流

P.A.Davidson著 ; 益田重明訳

森北出版, 2016.12

タイトル別名

Turbulence : an introduction for scientists and engineers

タイトル読み

ランリュウ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

原著2nd ed. (Oxford University Press, 2015) の翻訳

「第2版」の表示あり

推奨される参考書: 各章末

内容説明・目次

内容説明

乱流はどこからくるのか。乱流の普遍的性質とは何か。それはどこまで決定論的なのか。そもそも普遍的な乱流理論なるものは存在し得るのか。管内乱流から地球物理、宇宙物理にまでまたがる幅広い話題を取り上げ、最新情報を交えて一貫した視点からこれらの疑問に答える。

目次

  • 第1部 乱流の古典的描像(乱流の遍在性;流体力学の方程式;乱流の起源と性質;せん断乱流と簡単な完結モデル;テイラー・リチャードソン・コルモゴロフの現象論)
  • 第2部 自由減衰一様乱流(等方性乱流—物理空間;数値シミュレーションの役割;等方性乱流—スペクトル空間)
  • 第3部 トピックス(乱れに及ぼす回転、成層および磁場の影響;二次元乱流)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB22720751
  • ISBN
    • 9784627674523
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xiv, 718p
  • 大きさ
    23cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ