書誌事項

セクシュアリティとヴィクトリア朝文化

田中孝信, 要田圭治, 原田範行編著

彩流社, 2016.12

タイトル別名

Sexuality and Victorian culture

タイトル読み

セクシュアリティ ト ヴィクトリアチョウ ブンカ

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

関連年表: p381-390

参考文献: 各章末

収録内容

  • 横溢するセクシュアリティ / 田中孝信 [著]
  • マルサス以降 : 性は個人と人口をつなぐ / 要田圭治 [著]
  • 「不適切な」議題と急進派女性ジャーナリスト、イライザ・ミーティヤード : 一八四七年スプーナー法案(誘惑・売春取引抑制法案)の行方 / 閑田朋子 [著]
  • 「模倣」する「身体」 : 『アグネス・グレイ』における動物・身体・欲望の表象 / 侘美真理 [著]
  • 髪と鏡 : メドゥーサとしてのバーサとそのセクシュアリティ / 本田蘭子 [著]
  • 欲望の封印から充足の模索へ : エリス・ホプキンズとヴィクトリア朝中期の性の葛藤 / 市川千恵子 [著]
  • 「現代バビロンの乙女御供」 : ウィリアム・T・ステッドの少女売春撲滅キャンペーン / 川端康雄 [著]
  • ジャーナリズムとセクシュアリティの世紀末 : オスカー・ワイルドの自己成型 / 原田範行 [著]
  • イースト・エンドと中国人移民 : 世紀転換期のスラム小説にみる異人種混淆 / 田中孝信 [著]
  • D・H・ロレンス『息子と恋人』のセクシュアリティと(ポスト)ヴィクトリア朝 / 武藤浩史 [著]

内容説明・目次

内容説明

本当に「抑圧的」だったのか?セクシュアリティが溢れ出すヴィクトリア時代!多彩な視点から、19〜20世紀初頭の「性の言説」を捉え、現代にも影響を与え続けている「ヴィクトリア朝文化とセクシュアリティの関係」をひもといていく—。

目次

  • 序章 横溢するセクシュアリティ
  • 第1章 マルサス以降—性は個人と人口をつなぐ
  • 第2章 「不適切な」議題と急進派女性ジャーナリスト、イライザ・ミーティヤード—一八四七年スプーナー法案(誘惑・売春取引抑制法案)の行方
  • 第3章 「模倣」する「身体」—『アグネス・グレイ』における動物・身体・欲望の表象
  • 第4章 髪と鏡—メドゥーサとしてのバーサとそのセクシュアリティ
  • 第5章 欲望の封印から充足の模索へ—エリス・ホプキンズとヴィクトリア朝中期の性の葛藤
  • 第6章 「現代バビロンの乙女御供」—ウィリアム・T.ステッドの少女売春撲滅キャンペーン
  • 第7章 ジャーナリズムとセクシュアリティの世紀末—オスカー・ワイルドの自己成型
  • 第8章 イースト・エンドと中国人移民—世紀転換期のスラム小説にみる異人種混淆
  • 第9章 D.H.ロレンス『息子と恋人』のセクシュアリティと(ポスト)ヴィクトリア朝

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ