書誌事項

植物はなぜ薬を作るのか

斉藤和季著

(文春新書, 1119)

文藝春秋, 2017.2

タイトル別名

植物はなぜ薬を作るのか

タイトル読み

ショクブツ ワ ナゼ クスリ オ ツクルノカ

大学図書館所蔵 件 / 194

注記

参考文献一覧: p236-239

内容説明・目次

内容説明

それは「動かない」という選択をした植物の「生き残り」戦略だった。ポリフェノール、解熱鎮痛薬、天然甘味料、抗がん薬まで—。なぜ、どのように植物は「薬」を作るのかを、植物メタボロミクスの専門家が最先端の研究成果で説きあかす。

目次

  • 第1章 植物から作る薬
  • 第2章 薬になった植物成分
  • 第3章 植物はなぜ薬を作るのか?
  • 第4章 植物はどのように薬になる物質を作るのか?
  • 第5章 植物の二次代謝と進化のしくみ
  • 第6章 バイオテクノロジーと植物成分
  • 第7章 人類は植物とどのように相互共存していくべきか?

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB23083325
  • ISBN
    • 9784166611195
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    239p, 図版 [4] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ