エルサレムのアイヒマン : 悪の陳腐さについての報告

書誌事項

エルサレムのアイヒマン : 悪の陳腐さについての報告

ハンナ・アーレント [著] ; 大久保和郎訳

みすず書房, 2017.8

新版

タイトル別名

Eichmann in Jerusalem : a report on the banality of evil

イェルサレムのアイヒマン : 悪の陳腐さについての報告

タイトル読み

エルサレム ノ アイヒマン : アク ノ チンプサ ニ ツイテ ノ ホウコク

大学図書館所蔵 件 / 243

注記

文献: 巻末p19-25

「エルサレムのアイヒマン」関連年譜: 巻末p26-31

内容説明・目次

内容説明

“まったく思考していないこと、それが彼がある時代の最大の犯罪者の一人になる素因だったのだ”。アイヒマン裁判から著者が考え、理解し、判断したこととは。最新の研究成果を反映し、より正確かつ読みやすい新版。新解説付。

目次

  • 法廷
  • 被告
  • ユダヤ人問題専門家
  • 第一の解決—追放
  • 第二の解決—強制収容
  • 最終的解決—殺戮
  • ヴァンゼー会議、あるいはポンテオ・ピラト
  • 法を遵守する市民の義務
  • ライヒ‐ドイツ、オーストリアおよび保護領—からの移送
  • 西ヨーロッパ‐フランス、ベルギー、オランダ、デンマーク、イタリア—からの移送
  • バルカン諸国‐ユーゴスラビア、ブルガリア、ギリシャ、ルーマニア—からの移送
  • 中欧‐ハンガリー、スロバキア—からの移送
  • 東方の殺戮センター
  • 証拠と証人
  • 判決、上告、処刑

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ