脳に心が読めるか? : 心の進化を知るための90冊

書誌事項

脳に心が読めるか? : 心の進化を知るための90冊

岡ノ谷一夫著

青土社, 2017.8

タイトル読み

ノウ ニ ココロ ガ ヨメルカ? : ココロ ノ シンカ オ シル タメ ノ 90サツ

大学図書館所蔵 件 / 139

内容説明・目次

内容説明

これ一冊で科学と文化の最先端に触れる!心のある場所は脳かそれとも心臓か、ダンゴムシに意識はあるのか、フロイトの臨死体験、壮絶な老老介護、来るべき6度目の大絶滅…。90冊の本が伝える、90の魅惑的な世界観。言語とコミュニケーションの起源を研究する科学者による、驚きの読書案内。生物心理学者が薦める、絶対に読むべきすごい本。

目次

  • 1 “脳に心が読めるか?”篇(そもそも何が1.6パーセントなのか—『われらはチンパンジーにあらず』;毎日食べるパンを焼く機械くらい—『ゼロからトースターを作ってみた結果』;活け作りはもうたぶん食べない—『魚は痛みを感じるか?』;世界を変える発見は個人でなされる—『知の逆転』;真にでたらめなことを人間はできないのだ—『科学で勝負の先を読む』 ほか)
  • 2 “AIは小説を読まない”篇(マタネ。愛シテル—『アレックスと私』;その間ヴァイオリン作りは何をしていたのか—『ニューヨークのヴァイオリン職人』;永遠の現在に閉じ込められてしまった—『ぼくは物覚えが悪い』;本当の現在は、耳が捉えているのだ—『本を読むときに何が起きているのか』;YouTubeで10回以上聴いた曲があるなら—『誰が音楽をタダにした?』 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24305207
  • ISBN
    • 9784791770076
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    209p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ