書誌事項

京都学派

菅原潤著

(講談社現代新書, 2466)

講談社, 2018.2

タイトル読み

キョウト ガクハ

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

読書案内: p253-255

内容説明・目次

内容説明

「世界最高」を目ざした最高の知性は、なぜ「戦争協力者」へと墜ちたのか?西田幾多郎、田辺元、三木清、「京大四天王」…。

目次

  • プロローグ なぜ今、京都学派なのか
  • 第1章 それは東大から始まった—フェノロサから綱島梁川まで
  • 第2章 京都学派の成立—西田幾多郎と田辺元
  • 第3章 京都学派の展開—京大四天王の活躍と三木清
  • 第4章 戦後の京都学派と新京都学派—三宅剛一と上山春平
  • エピローグ 自文化礼賛を超えて—京都学派のポテンシャル

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ