書誌事項

吉屋信子研究

竹田志保著

翰林書房, 2018.3

タイトル別名

The study of Yoshiya Nobuko

タイトル読み

ヨシヤ ノブコ ケンキュウ

大学図書館所蔵 件 / 55

注記

学位論文「吉屋信子研究」 (学習院大学, 2013年提出) に加筆修正を加えたもの

参考文献一覧: p281-288

内容説明・目次

内容説明

『花物語』だけではない吉屋信子。彼女が書きたかったもの、書けなかったもの、書いてしまったもの—大衆長篇小説の読解から、吉屋信子の新たな像を提示する。

目次

  • 序章 吉屋信子再考
  • 第1章 『花物語』の誕生—“主体化”する“少女”たち
  • 第2章 「地の果まで」の転機—“大正教養主義”との関係から
  • 第3章 もう一つの方途—「屋根裏の二処女」
  • 第4章 困難な“友情”—「女の友情」
  • 第5章 “良妻賢母”の強迫—「良人の貞操」
  • 第6章 流通するイメージ—新聞・雑誌記事に見る吉屋信子像
  • 第7章 「あの道この道」の行き止まり—昭和期『少女倶楽部』の少女像
  • 第8章 三人の娘と六人の母—「ステラ・ダラス」と「母の曲」
  • 第9章 吉屋信子の“戦争”—「女の教室」
  • 終章 展望として

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25941418
  • ISBN
    • 9784877374235
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    291p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ