「名著」から読み解く日本社会史 : 古代から現代まで

書誌事項

「名著」から読み解く日本社会史 : 古代から現代まで

夏目琢史著

ミネルヴァ書房, 2018.5

タイトル別名

名著から読み解く日本社会史 : 古代から現代まで

タイトル読み

「メイチョ」カラ ヨミトク ニホン シャカイシ : コダイ カラ ゲンダイ マデ

大学図書館所蔵 件 / 122

注記

参考文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

歴史学研究の軌跡から、日本社会を思索する。古代から現代までの14冊の名著を紹介、現代社会に活きる「知」を総覧する。

目次

  • 第1部 日本社会史の名著—古代篇(日本人はどこから来たのか?—『騎馬民族国家』江上波夫;日本古来の思想って何?—『火山列島の思想』益田勝実 ほか)
  • 第2部 日本社会史の名著—中世篇(「古代的」なるものへの反逆—『中世的世界の形成』石母田正;中世社会の発見—『山の民・川の民』井上鋭夫 ほか)
  • 第3部 日本社会史の名著—近世篇(日本史学への挑戦—『日本封建社会成立史論』(上・下)安良城盛昭;戦国時代の「村」をどうとらえるか—『雑兵たちの戦場』藤木久志 ほか)
  • 第4部 日本社会史の名著—近代篇(幕末の「世直し」状況に何をみるか—『世直し』佐々木潤之介;民衆の思想から歴史を考える—『日本の近代化と民衆思想』安丸良夫 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ