フェレンツィの時代 : 精神分析を駆け抜けた生涯

書誌事項

フェレンツィの時代 : 精神分析を駆け抜けた生涯

森茂起著

人文書院, 2018.4

タイトル別名

The Times of Sándor Ferenczi

タイトル読み

フェレンツィ ノ ジダイ : セイシン ブンセキ オ カケヌケタ ショウガイ

大学図書館所蔵 件 / 67

内容説明・目次

内容説明

生命分析、身体論、リラクセイション法、外傷論など、精神分析の辺域への探求をたゆまず続けたフェレンツィ。その理論と実践は、昨今益々注目をあびている。フロイト、ユング、ランク、グロデック、サリヴァンなどとの交流、国際精神分析学会の黎明期を情熱的に牽引した活動、独自の理論と技法の模索と発展といったフェレンツィの歩みはどのようなものだったのか。革命に燃えた父と厳格な母のもとで育ち、複雑な女性関係をもったフェレンツィの生涯を、ヨーロッパ大陸とアメリカ大陸にまたがりつつ、その時代背景とともに、浮き彫りにする。

目次

  • 第1章 ブダペスト一九三二—『臨床日記』
  • 第2章 ウィーン一九〇八—ベルクガッセ
  • 第3章 アメリカ一九〇九—キングメイカー、スタンレー・ホール
  • 第4章 ブダペスト一九一八—戦争神経症
  • 第5章 バーデン・バーデン一九二一—クリスマスの手紙
  • 第6章 アメリカ一九二六—新世界
  • 第7章 ヴィースバーデン一九三二—言葉の混乱
  • 第8章 ブダペスト一九三三—最後の日々

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26082056
  • ISBN
    • 9784409340523
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    238p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ