書誌事項

図説ハプスブルク帝国

加藤雅彦著

(ふくろうの本)

河出書房新社, 2018.5

  • : 新装版

タイトル別名

ハプスブルク帝国 : 図説

タイトル読み

ズセツ ハプスブルク テイコク

大学図書館所蔵 件 / 61

注記

ハプスブルク帝国年表: p124-127

ハプスブルク家略系図: p128

参考文献, 参考地図: p129

内容説明・目次

内容説明

スイスの一城主が、なぜ神聖ローマ皇帝を独占し、世界帝国を築くに至ったのか。ハプスブルク家の基本文献、待望の新装版。

目次

  • ライン上流「鷹の城」から
  • 日没なき世界帝国へ
  • オスマン・トルコ来たる
  • 花開くバロック
  • マリア・テレジアの時代
  • 会議は踊る
  • プロイセンに敗れる
  • 多民族ドナウ帝国
  • 夢の都ウィーン
  • 世紀末精神の輝き
  • サライェヴォの銃声
  • 中欧(ミッテルオイローパ)の復活

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ