外国人の発見した日本 (Nippon)

書誌事項

外国人の発見した日本 (Nippon)

石井正己編

(アジア遊学, 219)

勉誠出版, 2018.6

タイトル別名

外国人の発見した日本

外国人の発見した日本

タイトル読み

ガイコクジン ノ ハッケン シタ Nippon

大学図書館所蔵 件 / 67

注記

関連年表: p213-218

付: 文献

内容説明・目次

目次

  • 第1章 言語と文学—日本語・日本神話・源氏物語(ヘボンが見つけた日本語の音—「シ」はsiかshiか?;バジル・ホール・チェンバレン—日本語研究に焦点を当てて ほか)
  • 第2章 芸術と絵画—美術・教育・民具・建築(フェノロサの見た日本—古代の美術と仏教;フェリックス・レガメ、鉛筆を片手に世界一周 ほか)
  • 第3章 地域と生活—北海道・東北・中部・九州(ジョン・バチェラーがみたアイヌ民族と日本人;イザベラ・バードの見た日本 ほか)
  • 第4章 文明と交流—朝鮮・ロシア・イギリス・オランダ(李光洙と帝国日本を歩く—『毎日申報』連載の「東京雑信」を手がかりに;S.エリセーエフと東京に学んだ日本学の創始者たち ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ