沖縄アンダーグラウンド : 売春街を生きた者たち

書誌事項

沖縄アンダーグラウンド : 売春街を生きた者たち

藤井誠二著

講談社, 2018.9

タイトル別名

Okinawa underground

タイトル読み

オキナワ アンダーグラウンド : バイシュンガイ オ イキタ モノ タチ

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

参考文献: p344-347

内容説明・目次

内容説明

二〇一〇年を過ぎた頃、「沖縄の恥部」とまで言われた売春街が、官民一体となった「浄化」運動によって消滅した。著者はその前からこの街に入り、売春に従事する女性、風俗店経営者、ヤクザなどに綿密な取材を行い、街の内実や市民社会からの偏見の構造を明らかにしてゆく。また著者は、この街ができるまでの歴史を辿る。売春街は、敗戦直後から沖縄で頻発した米軍兵士による凄まじい暴行事件への対応策でもあった。それは米国占領下に置かれた沖縄の戦後史と切り離せない関係にあったのだ—。浄化運動で消された「売春街」を丹念にルポルタージュし、沖縄の「もう一つの戦後史」を描き出す類例のない労作!

目次

  • 序章 眩い街へ、妖しい光へ
  • 第1章 消し去られた街、生の痕跡
  • 第2章 変貌する夜に生きる者たち
  • 第3章 闇社会の収奪システム
  • 第4章 娼婦とヤクザと革命—幻の映画『モトシンカカランヌー』の「アケミ」を捜して
  • 第5章 歴史の底に置かれた売春女性—佐木隆三が見た沖縄
  • 第6章 「レイプの軍隊」と沖縄売春史
  • 第7章 売春街の子どもたち
  • 第8章 浄化の論理と、夜の身体と
  • 終章 作家・沖山真知子の記憶

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ