退行の時代を生きる : 人びとはなぜレトロトピアに魅せられるのか

書誌事項

退行の時代を生きる : 人びとはなぜレトロトピアに魅せられるのか

ジグムント・バウマン著 ; 伊藤茂訳

青土社, 2018.11

タイトル別名

Retrotopia

退行の時代を生きる : 人びとはなぜレトロトピアに魅せられるのか

タイトル読み

タイコウ ノ ジダイ オ イキル : ヒトビト ワ ナゼ レトロトピア ニ ミセラレルノカ

大学図書館所蔵 件 / 123

注記

原著 (Polity Press, c2017) の翻訳

人名索引: 巻末pii-vi

内容説明・目次

内容説明

社会学の巨人が遺した最期の言葉。社会には暴力が歯止めなくあふれ、格差は拡大の一途をたどり、弱くなる国家や強まる自己責任論は人びとをよりいっそうの不安と孤独へと追いやっている。前途が見えず、過去に憧憬をいだく時代に、わたしたちはどこに向かうのか。巨人がみつめた、いま、そして未来。

目次

  • プロローグ—レトロトピアの時代
  • 第1章 ホッブズへの回帰?
  • 第2章 同族主義への回帰
  • 第3章 不平等への回帰
  • 第4章 子宮への回帰
  • エピローグ—変化を期待して

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27074417
  • ISBN
    • 9784791771134
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    214, vip
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ