戦後日本の人事労務管理 : 終身雇用・年功制から自己責任とフレキシブル化へ

書誌事項

戦後日本の人事労務管理 : 終身雇用・年功制から自己責任とフレキシブル化へ

黒田兼一著

ミネルヴァ書房, 2018.11

タイトル別名

戦後日本の人事労務管理 : 終身雇用年功制から自己責任とフレキシブル化へ

人事労務管理 : 戦後日本の : 終身雇用・年功制から自己責任とフレキシブル化へ

タイトル読み

センゴ ニホン ノ ジンジ ロウム カンリ : シュウシン コヨウ・ネンコウセイ カラ ジコ セキニン ト フレキシブルカ エ

大学図書館所蔵 件 / 121

内容説明・目次

内容説明

「人が足りなくなれば回してもらえば良いし不要になれば返せば良い」「成果の達成のみ課せば自己責任で働くようになる」。現在進行する「働き方改革」の背景に、こうした危機的な認識、人事労務管理の放棄ともいえる状況がある。本書は、戦後から現在に至る人事労務管理の変化の過程をその実態から丁寧に再検証。その時々の課題と「働かせ方」の原理の変遷を捉え直し、まさに改革の時の今、「ディーセント=“まとも”」な人事労務管理を探る。

目次

  • 序章 人事労務管理とその変遷過程をどのように分析するのか
  • 第1章 敗戦直後の企業経営と生産管理闘争—敗戦直後10年、「経営権」回復への道程
  • 第2章 戦闘的労働運動の衰退と協調的労使関係の成立
  • 第3章 協調的労使関係の定着と人事労務管理
  • 第4章 「能力主義管理」と競争的職場秩序
  • 第5章 低成長期の人事労務管理
  • 第6章 グローバリゼーション下の人事労務管理—人事労務のフレキシブル化と自己責任化
  • 第7章 現代日本の人事労務管理の実相
  • 終章 ディーセント・ワーク実現への課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ