共和政ローマの内乱とイタリア統合 : 退役兵植民への地方都市の対応

書誌事項

共和政ローマの内乱とイタリア統合 : 退役兵植民への地方都市の対応

砂田徹著

(北海道大学大学院文学研究科研究叢書, 29)

北海道大学出版会, 2018.11

タイトル別名

Sulla's veteran settlement and its impact in Italy

タイトル読み

キョウワセイ ローマ ノ ナイラン ト イタリア トウゴウ : タイエキヘイ ショクミン エノ チホウ トシ ノ タイオウ

大学図書館所蔵 件 / 65

注記

参考文献: 巻末p7-22

内容説明・目次

内容説明

前80年代、全イタリアを巻き込んだローマの内乱の後、イタリア各地の都市に退役兵植民が実施され、それら都市は存続の危機に直面した。本書は、対象都市の立場や経緯のほか、特に地方貴族のローマとの交渉を分析し、これまで見えなかった、帝政ローマへ至るまでのイタリアのあり方、イタリアに政治的一体化がもたらされた道のりを明らかにする。

目次

  • 序章 課題と方法
  • 第1章 前八〇年代の内乱—退役兵植民までの過程
  • 第2章 スッラによる戦後処理—イタリアへの退役兵植民
  • 第3章 ポンペイ—退役兵植民と「二重共同体」
  • 第4章 ファエスラエ—退役兵植民とエトルリアの騒擾
  • 第5章 ウォラテッラエとアッレティウム—退役兵植民と地方貴族の交渉力
  • 第6章 カプア—退役兵植民と有力都市の再興
  • 終章 内乱とイタリアの一体化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27290922
  • ISBN
    • 9784832968431
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    札幌
  • ページ数/冊数
    vii, 237, 22p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ