過労死・過労自殺の現代史 : 働きすぎに斃れる人たち

書誌事項

過労死・過労自殺の現代史 : 働きすぎに斃れる人たち

熊沢誠著

(岩波現代文庫, 学術 ; 396)

岩波書店, 2018.12

タイトル別名

働きすぎに斃れて : 過労死・過労自殺の語る労働史

過労死過労自殺の現代史 : 働きすぎに斃れる人たち

タイトル読み

カロウシ・カロウ ジサツ ノ ゲンダイシ : ハタラキスギ ニ タオレル ヒト タチ

大学図書館所蔵 件 / 129

注記

『働きすぎに斃れて : 過労死・過労自殺の語る労働史』 (岩波書店, 2010年) の表題を変えて文庫化したもの

巻末 (p423-434) に「過労死・過労自殺の現時点 : 現代文庫版へのあとがきにかえて」あり

参考文献: p409-417

内容説明・目次

内容説明

企業社会のしがらみや「強制された自発性」に絡めとられながら、限界をこえるまで働くふつうの労働者たち。そのいびつな社会構造は、今も過労死・過労自殺で斃れる人びとを生み出しつつある。日本を代表する労働研究者が、膨大な数の事例を徹底的に凝視することで日本の労働史を描き出した本書は、現状を変えてゆくための、鎮魂の物語である。

目次

  • 1章 過労死・過労自殺—ありふれた職場のできごと
  • 2章 トラック労働者の群像
  • 3章 工場・建設労働者の過労死
  • 4章 ホワイトカラーとOLの場合
  • 5章 斃れゆく教師たち
  • 6章 管理職と現場リーダーの責任
  • 7章 過労死の一九八〇年代
  • 8章 過労自殺—前期の代表的な五事例
  • 9章 若者たち・二〇代の過労自殺
  • 10章 ハラスメントと過重労働のもたらす死
  • 終章 過労死・過労自殺をめぐる責任の所在

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ