南スーダンに平和をつくる : 「オールジャパン」の国際貢献

書誌事項

南スーダンに平和をつくる : 「オールジャパン」の国際貢献

紀谷昌彦著

(ちくま新書, 1382)

筑摩書房, 2019.1

タイトル別名

南スーダンに平和をつくる : オールジャパンの国際貢献

タイトル読み

ミナミスーダン ニ ヘイワ オ ツクル :「オール ジャパン」ノ コクサイ コウケン

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

南スーダン略年表: p228-229

参考文献: p230-232

内容説明・目次

内容説明

半世紀にわたる内戦を経て二〇一一年に独立し、世界で最も新しい国連加盟国となった南スーダン。日本は国連PKOへの自衛隊派遣、JICA、国際機関との連携やNGOによる支援等、様々な形で平和構築に貢献してきた。政府と反政府勢力の衝突、現地の人々との草の根の交流。その現場では一体何が起こり、何が必要とされているのか。二〇一五年から二〇一七年まで駐南スーダン大使を務めた著者が、支援の最前線での経験と葛藤を伝える貴重な証言。

目次

  • 第1章 南スーダン問題の構造—現場の視点から
  • 第2章 政治プロセス—国内と国際社会の取り組みの双方を後押し
  • 第3章 国連PKO—自衛隊のインパクト
  • 第4章 開発支援—JICAが支えた国づくり
  • 第5章 人道支援—国際機関と連携したリーダーシップ
  • 第6章 NGO支援—現地NGOと連携した展開
  • 第7章 危機管理—平和構築支援の安全確保

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ