内閣総理大臣の沖縄問題

書誌事項

内閣総理大臣の沖縄問題

塩田潮著

(平凡社新書, 898)

平凡社, 2019.1

タイトル読み

ナイカク ソウリ ダイジン ノ オキナワ モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 76

注記

主な参考資料: p302-308

内容説明・目次

内容説明

戦後、沖縄は講和条約での帰属問題に始まり、本土復帰、返還後の基地問題、経済振興政策など、重要なテーマとして、時の内閣の政権運営に大きな影響を与えてきた。同時に、沖縄問題が「政争の具」として取り扱われた例も珍しくなかった。「政権と沖縄」という視点から、戦後政治の知られざる軌跡を追う。

目次

  • 序章 沖縄県知事選大敗の安倍政権
  • 第1章 アメリカ統治の継続—本土から切り離された南西諸島
  • 第2章 佐藤栄作とニクソンの暗闘—返還実現の舞台裏
  • 第3章 「基地の島」のジレンマ—復帰後の経済振興と開発
  • 第4章 橋本龍太郎の賭け—普天間返還の浮上
  • 第5章 小渕恵三の思い入れと計算—沖縄サミットという決断
  • 第6章 埋まらない政府と沖縄の溝—岸本建男名護市長の特区構想
  • 第7章 日米関係重視の小泉路線—広がる政権と沖縄の疎隔
  • 第8章 鳩山由紀夫の「最低でも県外」発言—「初期化」された普天間
  • 第9章 安倍政権と翁長雄志の全面対決—沖縄の民意は「安倍流ノー」
  • 終章 玉城デニーと首相官邸の綱引き—求められる総力結集態勢

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ