書誌事項

インポッシブル・アーキテクチャー

埼玉県立近代美術館 [ほか] 編

平凡社, 2019.2

タイトル別名

Impossible architecture : 1900-2018

Impossible architecture

インポッシブルアーキテクチャー

タイトル読み

インポッシブル・アーキテクチャー

大学図書館所蔵 件 / 84

注記

展覧会カタログ

会期・会場: 2019年2月2日-3月24日:埼玉県立近代美術館, 2019年4月13日-7月15日:新潟市美術館, 2019年9月18日-12月8日:広島市現代美術館, 2020年1月7日-3月15日:国立国際美術館

主催: 埼玉県立近代美術館, 読売新聞社, 美術館連絡協議会 [ほか]

その他の編者: 新潟市美術館, 広島市現代美術館, 国立国際美術館

監修: 五十嵐太郎

参考文献あり

年表あり

作家略歴: p226-233

出品リスト: p234-245

内容説明・目次

内容説明

未来を考えるために。可能性を拡げるもうひとつの建築史。

目次

  • インポッシブル・アーキテクチャー—批評的オルタナティヴとしての建築
  • 建築の可能性と不可能性のあいだ
  • コラム(ユートピアの影絵たち—川喜田煉七郎“ウクライナ劇場設計競技案”の舞台機構について;戦前期日本のモダニズム建築運動におけるアンビルト—夢想からリアルへ;前川國男の戦前期のコンペ応募案をめぐって;コンピュータ・グラフィックスとインポッシブル・アーキテクチャー)
  • エッセイ(ロシア・アヴァンギャルド概観、飛行をめぐって;岸田日出刀、あるいはつくらない建築家;メタボリズムの誕生とアジアへの敷衍;イヴ・クラインの“空気の建築”をめぐって)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ