書誌事項

阪谷芳郎 (さかたによしろう)

西尾林太郎著 ; 日本歴史学会編

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻293])

吉川弘文館, 2019.3

タイトル別名

阪谷芳郎

タイトル読み

サカタニ ヨシロウ

大学図書館所蔵 件 / 231

注記

シリーズ番号はジャケットによる

略系図: p292-293

略年譜: p294-308

主要参考文献: p309-317

「新装版」は親書誌にかかる

内容説明・目次

内容説明

阪谷芳郎。近代日本の大蔵官僚・政治家。日清・日露戦争で、戦時・戦後財政の中核を担う。その功績により男爵(のち子爵)。岳父渋谷栄一と共に明治神宮の造営に尽力し、広大な内外苑の基礎を作った。大蔵大臣、東京市長、連合国経済会議日本代表を歴任。晩年、東京・横浜万博の開催を目指した。官庁エコノミスト・貴族院議員として内外に知られた生涯を鮮やかに描く。

目次

  • 誕生から東京英語学校卒業まで
  • 東京大学文学部政治学理財学科に入学
  • 大蔵省時代
  • 日清戦争と戦後経営
  • 金本位制度の導入
  • 日露戦争と戦時財政
  • 日露戦後経営と大蔵大臣阪谷
  • 二度の外遊
  • 東京市長時代
  • 第一次世界大戦と連合国パリ経済会議
  • 幻の中国幣制顧問
  • 貴族院議員になる—「公正会」を設立
  • 関東大震災からの東京復興と昭和戦前期の貴族院
  • 「紀元二千六百年」奉祝に向けて
  • 日米開戦直前の突然の死

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27804768
  • ISBN
    • 9784642052863
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    20, 317p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ