書誌事項

「平成の天皇」論

伊藤智永著

(講談社現代新書, 2519)

講談社, 2019.4

タイトル別名

平成の天皇論

タイトル読み

「ヘイセイ ノ テンノウ」ロン

大学図書館所蔵 件 / 192

内容説明・目次

内容説明

生前退位、被災地訪問、戦没者慰霊…すべては天皇・皇后が平成の30年を通して作り上げた戦略だった。「おことば」に込められた、天皇から私たちへの問いかけ。

目次

  • はじめに 旅する天皇
  • 第1章 平成の象徴再定義 なぜ天皇は退位するのか
  • 第2章 退位政局は続く 保守政治vs.天皇の深層
  • 第3章 靖国神社参拝せず 政治化した神職らの焦り
  • 第4章 女性が動かす皇室 象徴を作り受け継ぐのは
  • 第5章 改元政治と尊皇長州 天皇制を巡る愛憎の系譜
  • おわりに 再び天皇制と政治とは

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ