書誌事項

はじめての政治哲学

デイヴィッド・ミラー [著] ; 山岡龍一, 森達也訳

(岩波現代文庫, 学術 ; 403)

岩波書店, 2019.4

タイトル別名

1冊でわかる政治哲学

Political philosophy : a very short introduction

タイトル読み

ハジメテ ノ セイジ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 114

注記

2005年3月に「1冊でわかる 政治哲学」の書名で岩波書店より刊行

文献案内: 巻末p1-25

内容説明・目次

内容説明

哲人の言葉に頼ることなく、ごく普通の人々の言葉、意見、情報を手掛かりに、政治哲学を論じる。政治を考える時の基本事項から、今実際に政治の現場で議論されている最先端のトピックまで、政治理論の基礎が簡潔にまとめられた、全ての人に手に取ってほしいテキスト。充実した文献リストを手掛かりに、より深い学びへと導く。

目次

  • 1 政治哲学はなぜ必要なのか
  • 2 政治的権威
  • 3 デモクラシー
  • 4 自由と統治の限界
  • 5 正義
  • 6 フェミニズムと多文化主義
  • 7 ネイション、国家、グローバルな正義

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28070193
  • ISBN
    • 9784006004033
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 238, 25p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ