書誌事項

アイヌ近現代史読本

小笠原信之著

緑風出版, 2019.4

増補改訂版

タイトル別名

アイヌ近現代史読本

タイトル読み

アイヌ キンゲンダイシ トクホン

大学図書館所蔵 件 / 87

注記

年表: p[281]-295

参考文献: p[297]-304

内容説明・目次

内容説明

アイヌの歴史、とりわけ江戸末期から今日までの歴史をやさしく書いた本は、ほとんどない。本書は、松前藩によるアイヌ搾取、1789年のアイヌ民族最後の蜂起といわれるクナシリ・メナシの蜂起と弾圧、幕府の直轄支配と明治維新政府のアイヌモシリ(アイヌの大地)の収奪など、アイヌ支配の歴史、それに対するアイヌ民族の差別との闘い、民族復権への道程を分かりやすく書いた。江戸末期から今日までのアイヌ民族の過酷なまでの近現代史。増補改訂版では、アイヌ共有財産裁判、アイヌ遺骨返還訴訟の顛末を追加した。

目次

  • 1 「異域」から「内国」へ
  • 2 「皇国の臣民」へ
  • 3 樺太・北千島アイヌの悲劇
  • 4 開拓の嵐、吹き荒れる
  • 5 逆境から起ち上がる
  • 6 民族復権の新しい波
  • 7 アイヌ民族共有財産とアイヌ遺骨返還の行方

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28191471
  • ISBN
    • 9784846119089
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    307p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ