書誌事項

藤原彰子

服藤早苗著

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [294])

吉川弘文館, 2019.6

タイトル別名

藤原彰子

タイトル読み

フジワラノ ショウシ

大学図書館所蔵 件 / 230

注記

親書誌の番号はジャケットによる

略年譜: p263-277

主要参考文献: p278-286

「新装版」は親書誌にかかる

内容説明・目次

内容説明

一条天皇の中宮。藤原道長の長女として生まれ、二人の天皇の生母として政務を後見。その後も天皇家の家長として政治力を発揮する。いっぽう、弟の頼通を支え、紫/式部ら女房をとりまとめるなど、摂関家の発展にも貢献。続く院政期に多大な影響を与えた87年の生涯を、『御堂関白記』『小右記』などに残されたわずかな痕跡から浮かび上がらせる。

目次

  • 第1 誕生から入内まで
  • 第2 立后と敦康親王養育
  • 第3 二人の親王の誕生
  • 第4 皇太后として
  • 第5 幼帝を支えて—国母の自覚
  • 第6 後一条天皇の見守り
  • 第7 天皇家と摂関家を支えて
  • 第8 後朱雀天皇の後見
  • 第9 大女院として
  • 第10 彰子の人間像

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

ページトップへ