漱石と熊楠 : 同時代を生きた二人の巨人

書誌事項

漱石と熊楠 : 同時代を生きた二人の巨人

三田村信行著

鳥影社, 2019.4

タイトル読み

ソウセキ ト クマグス : ドウジダイ オ イキタ フタリ ノ キョジン

大学図書館所蔵 件 / 61

注記

参考文献: p387-392

漱石と熊楠関係年表: p393-401

内容説明・目次

内容説明

夏目漱石と南方熊楠。同年生まれ、イギリス体験、猫との深い因縁。“森の人”と“都会の人”のかけはなれた知性が存在し生きた時代には活力と幅の広さ、深さがあった。異質な二人の生涯を並列させてその地平から見えてくる“風景”とはなにか。いま二人の巨人の生涯を辿る。

目次

  • 二人の巨人
  • 少年期
  • 父の肖像
  • 遁走のドラマ
  • イギリス体験
  • 二つのロンドン
  • 帰国後の二人
  • 森と都会
  • 家庭生活
  • 手紙と日記
  • 終焉まで
  • 漱石と熊楠の間

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ