TCP技術入門 : 進化を続ける基本プロトコル

著者

書誌事項

TCP技術入門 : 進化を続ける基本プロトコル

安永遼真, 中山悠, 丸田一輝著

(Web+DB Pressプラスシリーズ)

技術評論社, 2019.7

タイトル別名

Transmission control protocol

TCP技術入門 : 進化を続ける基本プロトコル

タイトル読み

TCP ギジュツ ニュウモン : シンカ オ ツズケル キホン プロトコル

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

参考文献: 各章末

索引: p259-262

内容説明・目次

内容説明

本書は、近年幅広い関心を集めているTCPにスポットを当て、長く役立つ基本と先端の研究動向を解説する入門書です。本書は「TCPの基礎」「輻輳制御」「最新動向」の三部構成。序盤ではコンピューターネットワークの基本、TCPの登場に至った歴史的経緯、TCPのプロトコル設計について説明します。中盤ではトラフィックが増え続けるなか、とくに重要な機能と言えるTCPの「輻輳制御」を取り上げます。その考え方と歴代の輻輳制御アルゴリズムを押さえた後、注目度が高まっているCUBICとBBRについてシミュレーションを交えて解説します。終盤では最新動向として、SG、自動運転、IoT、クラウド/データセンターなどの例を紹介します。

目次

  • 第1章 TCP入門—通信の信頼性を保証する
  • 第2章 TCP/IPの変遷—インターネットの普及とともに、進化するプロトコル
  • 第3章 「図解で見えてくる」TCPとデータ転送—信頼性と効率の両立へ向けて
  • 第4章 「押さえておきたい」プログラマーのための輻輳制御アルゴリズム—増え続ける通信量とネットワークの動き
  • 第5章 CUBIC—3次関数でシンプルに問題解決する
  • 第6章 BBR—スループットとRTTをモニタリングして、データ送出量を調節
  • 第7章 TCPの最新動向—アプリケーションや通信環境が変われば、TCPも変わる

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ