書誌事項

物語絵巻集

伊東祐子校訂・訳注

(中世王朝物語全集, 22)

笠間書院, 2019.6

タイトル読み

モノガタリ エマキシュウ

大学図書館所蔵 件 / 171

注記

主な参考文献: 各章末

付: 栞15号 (6p ; 19cm)

収録内容

  • 藤の衣物語絵巻
  • 下燃物語絵巻
  • 豊明絵巻
  • なよ竹物語絵巻
  • 掃墨物語絵巻
  • 葉月物語絵巻

内容説明・目次

内容説明

本巻には、絵巻物の形で伝わった物語、六作品を収める。なかでも『藤の衣物語絵巻』は、質量ともに注目すべき作品である。原物語は、山伏に身をやつした太政大臣の子息とその三人の子供たち(中納言・中宮・僧正)が、剣や笛、物の怪の言葉によってめぐりあうという、父と子の絆を軸とした物語であり、鎌倉時代に成立した物語と推定される。中宮となる女児の母は遊女であり、水辺の遊女の暮らしも描かれており興味深い。一方、白描絵の中にはおびただしい量の画中詞が書き込まれており、絵巻制作時とおぼしき室町時代の口語を反映したものとして、貴重な国語学的資料と考えられる。六作品とも初の現代語訳の試みであり、詳細な注と解説により、物語絵巻の世界を解き明かす。

目次

  • 藤の衣物語絵巻
  • 下燃物語絵巻
  • 豊明絵巻
  • なよ竹物語絵巻
  • 掃墨物語絵巻
  • 葉月物語絵巻

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28478014
  • ISBN
    • 9784305401021
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    516p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ