ミュシャから少女まんがへ : 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォー

書誌事項

ミュシャから少女まんがへ : 幻の画家・一条成美と明治のアール・ヌーヴォー

大塚英志 [著]

(角川新書, [K-273])

KADOKAWA, 2019.7

タイトル別名

ミュシャから少女まんがへ : 幻の画家一条成美と明治のアールヌーヴォー

タイトル読み

ミュシャ カラ ショウジョ マンガ エ : マボロシ ノ ガカ・イチジョウ セイビ ト メイジ ノ アール・ヌーヴォー

大学図書館所蔵 件 / 74

注記

ミュシャと一条成美の肖像あり

シリーズ番号はブック・カバーによる

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

与謝野晶子・鉄幹の『明星』の表紙を飾ったのはアール・ヌーヴォーの画家、ミュシャを借用した絵だった。以来、現代の少女まんがに至るまで多大な影響を与えたミュシャのアートは、いかにして日本に受容されたのか?

目次

  • 序 明治のアール・ヌーヴォーとは何であったか(少女まんがは「伝統」起源か;明治のミュシャ様式の成立とその特徴;明治の投稿空間とミュシャ様式のアイコン;明治国家とミュシャ様式)
  • 第1章 明治ラファエル前派と投稿空間としての『明星』(柳田國男の恋を描いた挿画家・一条成美;明治のラファエル前派兄弟団と終われない青春;編集者・与謝野鉄幹と投稿空間としての『明星』;一条成美、ミュシャをローカライズする;『明星』はミュシャをいかに受けとめたか;白馬会と『明星』)
  • 第2章 言文一致と日露戦争(『遠野物語』の表紙に佐々木喜善は何を見たか;新派としての柳田國男;日記文と「私」;日露戦争とミュシャ様式)
  • 第3章 明治のミュシャ、一条成美とその運命(インスピレーションの画家;「文壇照魔鏡事件」と一条成美の移籍;『新聲』時代の一条成美;一条成美の方法)
  • 終章 ミュシャから少女まんがへ(一条成美とミュシャの忘却;水野英子—ミュシャの帰還)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ