書誌事項

シリア震える橋を渡って : 人々は語る

ウェンディ・パールマン [著] ; 安田菜津紀, 佐藤慧訳

岩波書店, 2019.8

タイトル別名

We crossed a bridge and it trembled : voices from Syria

シリア : 震える橋を渡って : 人々は語る

タイトル読み

シリア フルエル ハシ オ ワタッテ : ヒトビト ワ カタル

大学図書館所蔵 件 / 142

注記

原著(Custom House, 2017)の翻訳

内容説明・目次

内容説明

二〇一一年三月、ついにシリアにも“アラブの春”が波及し、人々はアサド政権の崩壊を目指して抗議活動に立ち上がった。恐ろしい暴力に晒され、祖国から逃れなくてはならなかったにもかかわらず、人々は今もその夢をあきらめていない。満杯の監獄に押し込められ、誰かの遺体の上で眠るしかなかったと語る男性、シリア人には尊厳などないと嘆く女性…。彼らが語ったシリアの現実とは。

目次

  • 第1部 権威主義体制
  • 第2部 潰えた希望
  • 第3部 革命の芽生え
  • 第4部 苛酷な弾圧
  • 第5部 武装する人々
  • 第6部 戦時下に生きる
  • 第7部 祖国からの逃亡
  • 第8部 この戦争の意義

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ