書誌事項

AI倫理 : 人工知能は「責任」をとれるのか

西垣通, 河島茂生著

(中公新書ラクレ, 667)

中央公論新社, 2019.9

タイトル別名

AI倫理 : 人工知能は責任をとれるのか

タイトル読み

AI リンリ : ジンコウ チノウ ワ セキニン オ トレル ノカ

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

注/参考文献: p248-253

内容説明・目次

内容説明

2045年、シンギュラリティ(技術的特異点)が訪れ、AIが人間よりも正確で賢明な判断を下せるようになる、という仮説がある。では、「超知性体」となったAIがあやまちを犯し、自動運転車が暴走したり、監視カメラ等が集めたデータによって差別的な評価選別が行われたりしたとき、誰が責任をとるのか。そもそも、AIが人間を凌駕するという予測は正しいのか。来るべきAI社会を倫理的側面から徹底的に論じた初めての書。

目次

  • 第1部 “理論編”情報倫理からAI倫理へ(AI倫理とは何か;AIロボットは人格をもつか;情報圏とAI;AI倫理のラフスケッチ)
  • 第2部 “応用編”AI倫理の練習問題(自動運転;監視選別社会;AIによる創作)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2884265X
  • ISBN
    • 9784121506672
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    253p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ