書誌事項

二重国籍と日本

国籍問題研究会編

(ちくま新書, 1440)

筑摩書房, 2019.10

タイトル別名

二重国籍と日本

タイトル読み

ニジュウ コクセキ ト ニッポン

大学図書館所蔵 件 / 168

注記

参考文献: p228-230

内容説明・目次

内容説明

人は親や出生地を選べない。ますます多元的になる社会で、複数の国籍を持つ人は必然的に増えていく。蓮舫氏問題で脚光を浴びた「二重国籍」だが、国籍法の運用は旧態依然かつ不透明で、ナショナリズムに絡めた一方的なバッシングも目立った。外国出身者を親に持つ有望なスポーツ選手へ送られる拍手喝采の大きさとは、あまりにも対照的だ。国籍法の規定で外国居住の日本国民が国籍を剥奪される「悲劇」に抵抗する訴訟も起きている。国籍と日本人。私たちはどう考えればいいのか。いま、国民的議論が求められている。

目次

  • 大坂なおみ選手が直面する国籍問題
  • 第1部 蓮舫氏問題を考える(メディアの迷走;あらわになった国籍法の矛盾;国際結婚と国籍;「日台ハーフ」の中華民国国籍)
  • 第2部 国籍と日本人(日本国籍の剥奪は正当なのか;国籍をめぐる世界の潮流;国籍法の読み方、考え方)
  • 国籍に向き合う私たち

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29011360
  • ISBN
    • 9784480072573
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    234p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ