英国の出版文化史 : 書物の庇護者たち

書誌事項

英国の出版文化史 : 書物の庇護者たち

清水一嘉著

勉誠出版, 2019.9

タイトル別名

英国の出版文化史 : 書物の庇護者たち

タイトル読み

エイコク ノ シュッパン ブンカシ : ショモツ ノ ヒゴシャ タチ

大学図書館所蔵 件 / 120

注記

参考文献: p349-352

内容説明・目次

内容説明

出版社が本を作り、書店に並んだ本を読者が購入する。そんな現在の出版流通が成立する以前の書物をささえていたのはパトロンの存在だった。西洋における中世以降の書物の成り立ちを辿りながら、18世紀イギリスの出版文化における作家、パトロン、書籍から新聞、広告といった全貌に迫る快著。

目次

  • 第1部 パトロンの時代(写本時代の本の出版;パトロンの系譜;偉大なるパトロンたち;パトロンの変化;パトロンから読者の時代へ)
  • 第2部 一八世紀の出版流通(一八世紀の出版と法律;ある地方都市の新聞;地方における印刷業—イギリス文化史の一面;検閲法と出版;書籍産業の発展;地方の書籍市場;流通システム;市場の拡大;書籍業の仕事(その1);書籍業の仕事(その2))

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ