書誌事項

自画像のゆくえ

森村泰昌著

(光文社新書, 1028)

光文社, 2019.10

タイトル読み

ジガゾウ ノ ユクエ

大学図書館所蔵 件 / 66

注記

参考文献: p607-613

内容説明・目次

内容説明

自撮り時代の「わたし」をめぐる物語。セルフポートレイト写真(自画像的写真)をつくりつづけてきた美術家が約600年の自画像の歴史をふりかえりながら綴る「実践的自画像論」。

目次

  • 第1章 自画像のはじまり—鏡の国の画家
  • 第2章 カラヴァッジョ—ナイフが絵筆に変わるとき
  • 第3章 ベラスケス—画家はなぜ絵のなかに登場したのか
  • 第4章 レンブラント—すべての「わたし」は演技である
  • 第5章 フェルメール—自画像を描かなかった画家について
  • 第6章 ゴッホ—ひとつの「わたし」をふたつの命が生きるとき
  • 第7章 フリーダ・カーロ—つながった眉毛のほんとうの意味
  • 第8章 アンディ・ウォーホル—「シンドレラ」と呼ばれた芸術家
  • 第9章 さまよえるニッポンの自画像—「わたし」の時代が青春であったとき
  • 終章 最後の自画像

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2906005X
  • ISBN
    • 9784334044374
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    615p, 図版 [8] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ