家族をめぐる法・心理・福祉 : 法と臨床が交錯する現場の実践ガイド

書誌事項

家族をめぐる法・心理・福祉 : 法と臨床が交錯する現場の実践ガイド

村尾泰弘編著

法律文化社, 2019.11

タイトル別名

Guidebook for law, psychology and welfare concerning family

家族をめぐる法心理福祉 : 法と臨床が交錯する現場の実践ガイド

タイトル読み

カゾク オ メグル ホウ シンリ フクシ : ホウ ト リンショウ ガ コウサク スル ゲンバ ノ ジッセン ガイド

大学図書館所蔵 件 / 99

注記

参考文献あり

内容説明・目次

目次

  • 第1部 家族問題を理解するための法・心理・福祉(少年非行と法制度・心理の基礎知識;犯罪と刑法・刑事手続の基礎知識;家族の危機を理解するための基礎知識;児童虐待を理解するための基礎知識;高齢者虐待を理解するための基礎知識)
  • 第2部 家族問題の具体的事例からよむ法・心理・福祉(少年非行の具体的事例;ドメスティック・バイオレンス(DV)の具体的事例;不倫と離婚の具体的事例;児童虐待の具体的事例;介護殺人の具体的事例)
  • 第3部 家族問題をめぐる新たな潮流と課題(治療的司法;加害者家族支援;情状鑑定;成人年齢引き下げと少年法;離婚時の親権—単独親権と共同親権;子どもの意見の尊重と子どもの手続代理人制度;裁判員裁判と市民の福祉)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ