超高層のバベル : 見田宗介対話集

書誌事項

超高層のバベル : 見田宗介対話集

見田宗介著

(講談社選書メチエ, 716)

講談社, 2019.12

タイトル読み

チョウコウソウ ノ バベル : ミタ ムネスケ タイワシュウ

大学図書館所蔵 件 / 102

内容説明・目次

内容説明

日本を代表する社会学者、見田宗介氏。『現代日本の精神構造』や『近代日本の心情の歴史』で日本と日本人がたどってきた道を鮮やかに分析した見田氏は、連続射殺事件の犯人を扱う「まなざしの地獄」で衝撃を与えた。そして、カルロス・カスタネダとの邂逅によって飛躍を遂げると、「真木悠介」名義で『気流の鳴る音』や『自我の起原』など、歴史に残る名著を生み出していく。この稀代の知性の根底には、かけがえのない他者たちとの「対話」があった。著者自身が精選した珠玉の一一篇から成る、初の対話集。

目次

  • 河合隼雄—超高層のバベル
  • 大岡昇平—戦後日本を振り返る
  • 吉本隆明—根柢を問い続ける存在
  • 石牟礼道子—前の世の眼。この生の海。
  • 廣松渉—現代社会の存立構造
  • 黒井千次—日常の中の熱狂とニヒル
  • 山田太一—母子関係と日本社会
  • 三浦展—若い世代の精神変容
  • 藤原帰一—二一世紀世界の構図
  • 津島佑子—人間はどこへゆくのか
  • 加藤典洋—現代社会論/比較社会学を再照射する

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29352816
  • ISBN
    • 9784065181263
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    308p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ