書誌事項

コンスタンティノープル使節記

リウトプランド著 ; 大月康弘訳

(知泉学術叢書, 10)

知泉書館, 2019.12

タイトル別名

Relatio Legatione Constantinopolitana

Relatio de Legatione Constantinopolitana

タイトル読み

コンスタンティノープル シセツキ

大学図書館所蔵 件 / 59

注記

参考文献: p[215]-230

その他のタイトルはジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

オットー1世(フランク国王、皇帝)の名代として968年にコンスタンティノープルに派遣された外交使節クレモナ司教リウトプランドによる貴重な記録である。ヨーロッパ世界最大の都市で出会った宮廷人たちやそこで見聞した儀式などについての生き生きとした記述は、10世紀のビザンツ世界とヨーロッパの国際関係を知るうえでも第一級の史料である。

目次

  • 『コンスタンティノープル使節記』(本文と訳註)
  • 付論1 『使節記』の目的と齟齬—中世キリスト教世界における「ローマ皇帝」問題
  • 付論2 『使節記』における「ローマ」言説—中世キリスト教世界と「ローマ」理念

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29363550
  • ISBN
    • 9784862853059
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    lat
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xxiii, 247p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ