進化と暴走 : ダーウィン「種の起源」を読み直す

書誌事項

進化と暴走 : ダーウィン「種の起源」を読み直す

内田亮子著

(いま読む!名著)

現代書館, 2020.1

タイトル別名

進化と暴走 : ダーウィン種の起源を読み直す

タイトル読み

シンカ ト ボウソウ : ダーウィン シュ ノ キゲン オ ヨミナオス

大学図書館所蔵 件 / 79

注記

文献: p202-236

内容説明・目次

内容説明

『種の起源』は、今日でも読む価値のある科学書の古典として知られてはいるが、科学技術先進国アメリカですら過半数の国民が、ダーウィンの唱える人間の進化—全ての生物は共通の祖先から時間をかけて徐々に変化してきた—を否定しているなど、出版から一六〇年以上たった今日でも、「進化」という概念が一般社会で広く認められているとは言えない。そして、時として大きな誤解や曲解のもと、人間や社会を暴走させている。それはいったいなぜなのか、そして、その暴走が人類に何をもたらしているのか。ダーウィンと同時代を生きた科学者、思想家、政治家などの人間観、生命科学の原則を共有しない「人間科学」が孕む歪、そしてコミュニケーションや思考を奇妙な方向に発展させていく人間固有の能力「言語」など、科学領域に留まらず、幅広い視点から、進化と暴走の行方を考える。

目次

  • 序章 ダーウィンのメッセージ
  • 第1章 『種の起源』を読む
  • 第2章 ダーウィンと周辺の人々—人間の変異と平等
  • 第3章 ダーウィンと人間科学
  • 第4章 言語の特性と進化
  • 第5章 人類の暴走と限界
  • ダーウィンのメッセージ再び

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29640220
  • ISBN
    • 9784768410189
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    243p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ