書誌事項

徳川秀忠

山本博文著 ; 日本歴史学会編集

(人物叢書 / 日本歴史学会編集, [通巻303])

吉川弘文館, 2020.3

タイトル読み

トクガワ ヒデタダ

大学図書館所蔵 件 / 224

注記

「新装版」は親書誌にかかる

略系図: p272-273

略年譜: p274-280

参考文献: p281-286

シリーズ番号はジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

江戸幕府を開いた父・家康と「生まれながらの将軍」である子・家光の間に挟まれ、あまり目立つことのなかった第2代将軍。武功がないことにコンプレックスを抱きながらも、政治においては家康の成果を継承し幕府の支配を磐石にした。年寄による合議制や大名統制、鎖国政策の方向づけなど、秀忠独自の政策や政治手腕を分析し、その人物像に迫る。

目次

  • 第1 徳川家の跡取り
  • 第2 関ヶ原合戦と秀忠
  • 第3 駿府政権と将軍秀忠
  • 第4 大坂の陣
  • 第5 元和一国一城令と公武の法度
  • 第6 将軍秀忠の政治
  • 第7 松平忠直をめぐる危機的状況
  • 第8 秀忠の大御所政治
  • 第9 秀忠の晩年
  • 第10 秀忠の家族

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 人物叢書

    日本歴史学会編集

    吉川弘文館 1985.6- 新装版

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29738584
  • ISBN
    • 9784642052962
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    15, 286p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ