日本における地政学の受容と展開

書誌事項

日本における地政学の受容と展開

高木彰彦著

九州大学出版会, 2020.3

タイトル別名

地政学の受容と展開 : 日本における

タイトル読み

ニホン ニオケル チセイガク ノ ジュヨウ ト テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 113

注記

文献: p301-321

索引あり

内容説明・目次

内容説明

地政学は国家と領土に関する分野として20世紀初頭にスウェーデンで成立し、1920年代にドイツから日本に導入された。日本では戦時体制下で時局迎合的な運動として展開し、敗戦後は侵略戦争を支えた悪しきイデオロギーとしてタブー視されたため、これまであまり研究が進められてこなかった。本書は、欧米における研究動向をふまえつつ、地政学の起源から日本での受容、戦時中の地政学ブーム、戦後の反省と地政学批判、1980年代以降の新たな展開等、地政学の変遷を、当時の国家体制、経済・社会情勢と関連づけて考察する。

目次

  • 序章
  • 第1章 地政学の成立と展開(地政学の成立とその背景;戦間期ドイツにおける地政学の展開;英米系地政学の特徴)
  • 第2章 日本における地政学の受容(一九二〇年代の地理学における地政学の受容;政治学・法学における地政学の受容;その後の地政学の展開と地政学批判)
  • 第3章 戦時期における地政学の展開(地政学興隆の背景;戦時下日本における国土計画と地政学;日本地政学協会と機関誌『地政学』—地理教師による下からの地政学運動;「ジャーナリズムの寵児」となった地政学)
  • 第4章 戦後における地政学の停滞と地政学批判(敗戦直後の「反省」と地政学批判;日本政治地理学会の設立と政治地理学(地政学)の一時的復活;高度経済成長期における地政学批判;地政学批判の本格的開始;地政学ブームの到来と地政学批判)
  • 第5章 地政学の新たな展開と日本の例外主義(英米における地政学の復活;欧米における批判地政学の展開;欧米地政学の最近の展開と日本における例外主義)
  • 終章

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29922288
  • ISBN
    • 9784798502809
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    福岡
  • ページ数/冊数
    329, viip
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ