書誌事項

「1968」を編みなおす

大野光明, 小杉亮子, 松井隆志編 ; 山本崇記 [ほか執筆]

(社会運動史研究, 2)

新曜社, 2020.4

タイトル別名

1968を編みなおす

タイトル読み

1968 オ アミナオス

大学図書館所蔵 件 / 47

注記

その他の執筆者: 嶋田美子, 阿部小涼, 山本義隆ほか

文献あり

内容説明・目次

目次

  • 特集 「1968」を編みなおす(運動的想像力のために—1968言説批判と“総括”のゆくえ;矛盾の粋、逆説の華—名づけようのない一九六〇年代史をめざして;拒否する女のテクストを過剰に読むこと—古屋能子の八月沖縄闘争;“1968”の学生運動を学びほぐす—東大闘争論の検討;闘争を記憶し記録するということ—『かつて10・8羽田闘争があった』および『東大闘争資料集 DVD増補改訂版』出版に際して;インタビュー 古賀暹さん『情況』前夜—「1968」を準備した六〇年代前半期;戦後シベリア抑留者運動史概観—一九七〇年代からの展開を中心に;インタビュー 徐翠珍さん「人間としての誇り」にもとづく闘い—在日中国人・徐翠珍氏の生きざま)
  • 小特集 運動史とは何か2—『社会運動史研究1』合評会コメント(運動に関わり続けた半世紀を踏まえて;関係を編み上げる“編集と運動”;「マッチョな社会運動」の「終わりとはじまり」—社会運動の「1968年」;異なるアプローチが拓く社会運動史;社会運動アーカイブズ インタビュー 平野泉さん(立教大学共生社会研究センター・アーキビスト)—市民社会の財産を守り、活かしていくために)
  • 書評(葛城貞三著『難病患者運動』;上原こずえ著『共同の力』;浅倉むつ子・萩原久美子・神尾真知子・井上久美枝・連合総合生活開発研究所編著『労働運動を切り拓く』;安藤丈将著『脱原発の運動史』)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ