断薬記 : 私がうつ病の薬をやめた理由

書誌事項

断薬記 : 私がうつ病の薬をやめた理由

上原善広著

(新潮新書, 860)

新潮社, 2020.5

タイトル読み

ダンヤクキ : ワタシ ガ ウツビョウ ノ クスリ オ ヤメタ リユウ

大学図書館所蔵 件 / 41

内容説明・目次

内容説明

二〇一〇年、うつ病と診断された。大量の向精神薬や睡眠薬を飲み、通院する日々。執筆意欲は衰え、日常生活を律することも叶わず、自殺未遂を三度も起こしてしまう。「薬はもう飲みたくない」。その思いから医療関係者への取材を敢行、「減薬」に挑み、そして遂に「断薬」に—。心の支えとなる主治医との出会い、専門医との協力、副作用への対処、荒行のような湯治…試行錯誤の過程をすべて明かした、大宅賞作家による衝撃の私記。

目次

  • 第1章 うつになってしまった(自殺未遂;うつになるきっかけ ほか)
  • 第2章 減薬を始める(疑問を持ち始める;統合失調症と診断される ほか)
  • 第3章 ついに断薬へ(松田史彦医師に話を聞きにゆく;内海聡医師の話 ほか)
  • 第4章 断薬のあと(湯治後のケア;断薬してからが始まり ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30528035
  • ISBN
    • 9784106108600
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    190p
  • 大きさ
    18cm
  • 親書誌ID
ページトップへ