メルロ=ポンティ現れる他者/消える他者 : 「子どもの心理学・教育学」講義から

書誌事項

メルロ=ポンティ現れる他者/消える他者 : 「子どもの心理学・教育学」講義から

酒井麻依子著

晃洋書房, 2020.3

タイトル別名

Merleau-Ponty; autrui apparaissant, autrui disparaissant

メルロポンティ現れる他者消える他者 : 子どもの心理学教育学講義から

タイトル読み

メルロ ポンティ アラワレル タシャ キエル タシャ : コドモ ノ シンリガク キョウイクガク コウギ カラ

大学図書館所蔵 件 / 67

注記

博士論文「メルロ=ポンティのソルボンヌ講義における中期他者論の再構成 : 人間の科学と現象学」 (立命館大学, 2019) を大幅に改稿し、書籍化したもの

人名索引: 巻末p1-3

参考文献一覧: 巻末p4-13

内容説明・目次

目次

  • 序論(メルロ=ポンティの思想とソルボンヌ講義;メルロ=ポンティの方法;メルロ=ポンティの他者論)
  • 第1部 われわれはいかにして他者を知覚しうるのか(現象学の他者論;児童心理学と他者論;スティル;言語活動と表現;意味と他者経験)
  • 第2部 われわれは他者をどのようなものとして知覚するか(類型:身体、民族、階級、人種;類型:コンプレックス;セクシュアリティ;類型の伝承:個人と社会;自由)
  • 第3部 われわれは他者とどのように交流しうるか(嫉妬と愛;他者との交流)
  • 結論

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30578361
  • ISBN
    • 9784771033634
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    x, 291, 13p
  • 大きさ
    23cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ