自分を思いやる練習 : ストレスに強くなり、やさしさに包まれる習慣

書誌事項

自分を思いやる練習 : ストレスに強くなり、やさしさに包まれる習慣

有光興記著

朝日新聞出版, 2020.6

タイトル別名

Self compassion

自分を思いやる練習 : ストレスに強くなりやさしさに包まれる習慣

タイトル読み

ジブン オ オモイヤル レンシュウ : ストレス ニ ツヨク ナリ ヤサシサ ニ ツツマレル シュウカン

大学図書館所蔵 件 / 37

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

日本人は自分に厳しすぎる。ハーバード、スタンフォード大学で効果検証が行われ、欧米のエグゼクティブが注目。穏やかな心が続くセルフ・コンパッション。

目次

  • 1 親友は思いやれるのに、自分には厳しい私たち(日本人にとって大切なセルフ・コンパッション;自己批判の国、日本 ほか)
  • 2 自分をいつくしめば、「私」が変わる—セルフ・コンパッション実践編 基本(身体をスキャンしていく;慈悲の瞑想 基本編 ほか)
  • 3 小さな幸せがあふれる一日を過ごす—セルフ・コンパッション実践編 練習(セルフ・コンパッションを日々の生活になじませる;一日のなかでルーティンをつくる)
  • 4 セルフ・コンパッションを深く知る(自分を思いやることへの誤解;自己憐憫 ほか)
  • 5 穏やかに、やさしく、丁寧に生きる—セルフ・コンパッション実践編 応用(仕事における苦しみやつらさ;人と接するときに不安や緊張を感じるなら ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB31715639
  • ISBN
    • 9784023318694
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    299p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ